当院の強みはこちら
低体温とは?
HOME > 治療方法

治療方法

交通事故に遭ったときの治療方法

交通事故に遭った場合、むち打ち(鞭打ち)などの後遺症を防ぐためにも、早い段階で適切な治療をお受けすることをお勧めします。

当院では手技療法を中心とし、その他以下のような物理療法やテーピング等を症状に合わせて治療を行います。

ホットパック

温熱療法の一種で血行をよくし、炎症・筋肉の緊張・痛みを緩和する効果が期待できます。

超音波

超音波のイメージ

超音波が生体組織に吸収される際に生じるジュール熱で、温熱作用を発生させます。ジュール熱は体の深部に進む過程で生じるため、超音波が到達している範囲を立体的に温めることが可能です。
超音波が体の深部に進むにつれて高速の振動が縦に伝わり、1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージ効果を発揮。手技によるマッサージの数倍の圧力を、深部に直接与えることができます。
損傷を受けた深部組織(筋、靱帯、軟部組織)を効率良く効果的に治療し、加温による血流量の増加とそれによる二次的な鎮痛効果、損傷部の治癒促進、早期回復を図る治療器です。

干渉波療法

異なる周波数の低周波電流を干渉させることにより患部にその周波数の差に相当する干渉電流を発生させ、その刺激を利用する治療法です。患部の血行改善・鎮痛効果が見込めます。

低周波療法

疼痛の軽減を目的として、主に知覚神経に対し電気刺激を加える療法です。ゲート・コントロール理論や神経の脱分極を引き起こして、神経を流れる電気刺激をブロックする、または電気刺激で内因性麻酔物質の分泌を促すことで疼痛を抑えます。

ウォーターベッド

ウォーターベッドのイメージ

水を噴射して作りだされる力をそのままに体感できるため、他ではない刺激感が得られます。自然で力強い刺激は、生体の親和性に優れ、細胞の活性化を促し、カラダの調子やバランスの取れた状態に保とうとする働きを高めます。

テーピング

痛んだ関節の固定、筋肉や関節の動きをサポートなど、用途に応じてキネシオテープ・ホワイトテープなどを使って処置していきます。

コルセット

「頸椎カラー」・「腰部コルセット」
頚椎や腰椎を固定し、安静にさせる目的で使用します。

湿布・包帯固定

炎症のある部位には消炎鎮痛効果のある湿布を貼付します。
また、痛んだ患部を安静に保持し、早く修復されるよう症状に応じて包帯固定を施します。

兵庫県尼崎市南武庫之荘3-25-16ながむね三番館1F

最寄駅:阪急 武庫之荘駅

受付時間:
9:00-13:00、15:30-20:30

お問い合わせ 詳しくはこちら