当院の強みはこちら
低体温とは?
HOME > 交通事故治療について

交通事故治療について

交通事故から治療に向けて

交通事故に遭った場合、一番大事なことは、「早い段階で治療をする」ことです。
軽いケガだと思って放っておくと、後々痛みや痺れなどの症状が出てくることも少なくありません。
また、目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされることが非常に多いのです。
当院ではそういった方々の早期回復に向けて、患者さんの痛みを少しでも早く取り除く為に、基本的には手技療法(マッサージ等)、運動療法(ストレッチ・他動運動・抵抗運動等)や物理療法(干渉波・低周波・超音波等)を中心に患者さんにあった治療を行い、後遺症が残らないようにします。

万が一、交通事故に遭ったら、専門家の診察を受ける

万が一交通事故に遭ってしまったら、医師や柔道整復師など専門家の診察を受けることが大切です。そして診断書を発行してもらい、所轄の警察に提出してください。自賠責保険での治療費の請求が可能になります。

診断書を提出しないと人身事故扱いにならないので、病院の診断書のコピーを必ず1部作って当院にお持ちください。

交通事故後の流れ

加害者を確定します。のイメージ
1 加害者を確定します。

住所・氏名を確認し、運転免許証をみせてもらい、車のナンバーも控えておきます。

事故現場をそのままに。のイメージ
2 事故現場をそのままに。

事故の現場を確認し、事故車や現場を写真で撮っておきます。事故当時の記憶が薄れたり現場の様子が変わることもあるので、見取り図も作っておきましょう。

警察へ届け出る。のイメージ
3 警察へ届け出る。

加害者は事故の報告義務があります。被害者からも届け出をして「交通事故証明」を申請してください。これは後々保険金の請求手続きに必要になります。

専門家の診察を受ける。のイメージ
4 専門家の診察を受ける。

軽いけがだと思っても、油断せず信頼のおける病院でCT、MRIなどにより精密検査を受けましょう。

自分の保険会社への事故報告。のイメージ
5 自分の保険会社への事故報告。

自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故の被害者になったことを報告して下さい。
搭乗者保険をかけている場合は、同乗者にも医療保障がついているので、請求することができます。

名倉堂接骨院に来院のイメージ
6 名倉堂接骨院に来院

病院の治療は注射・湿布が主。
当院では、レントゲンに写らないわずかなズレや、過緊張に陥った筋肉に対して、全身のバランスを取り戻すべく手技療法・物理療法・運動療法など、患者さん一人一人の症状に応じた施療を行います。

兵庫県尼崎市南武庫之荘3-25-16ながむね三番館1F

最寄駅:阪急 武庫之荘駅

受付時間:
9:00-13:00、15:30-20:30

お問い合わせ 詳しくはこちら