当院の強みはこちら
低体温とは?

院長ブログ

2011年10月20日 木曜日

骨折,脱臼の整復,応急処置は武庫之荘の名倉堂接骨院


 

 




Muscle System Pro II (NOVA Series)


当院では、患者様への症状の説明や、骨格・筋肉等の説明をよりわかりやすくお伝えするために、最新のiPad2の3Dアプリケーションを使って、インフォームドコンセントに努めております。


今までは骨格標本等(2D)を用いてご説明してきておりましたが、やはり3Dの画像を用いて、色々な角度から患者様にも骨格や筋肉の形状・構造をご覧頂くことで、ご自身の身体の仕組みや現在の罹患している原因箇所をより明確にお伝えできるようになったと思っております。


こういったことを、私のような一民間医療従事者にもできるようになったことは、非常に素晴らしく有り難いことだと思っております。過日、惜しまれながらも逝去されたスティーブ・ジョブズ氏に改めて哀悼の意を捧げます。


今日の格言
『人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ』

司馬遼太郎


投稿者 名倉堂接骨院 | 記事URL

2011年10月16日 日曜日

子供の脱臼,肘内障の整復は武庫之荘の名倉堂接骨院

  







本日の日曜午後診療、お子さんの腕が抜けて手が挙がらないとお電話を頂きました。実際に患肢を診てみないことはわかりませんが、肘内障の可能性が高いかな?と思っていたとおり、右肘の痛みを愁訴して来院されました。


肘内障とは、2~5歳までの幼児によく発症する疾患です。発生機序は、遊んでいたところお母さんが腕をひっぱったそうです。他によくあるケースとしては、子供どうしで遊び転倒した際、腕を巻き込んだように寝返りをうった時などがあります。


症状としては、急に泣き出し手・肘を動かそうとせずどこが痛いのか聞くと肘以外に前腕(うで)や手関節(てくび)と答える場合が多いのですが、手や肘にはかすり傷がなく腫れもありません。手指や手関節は動かすことができますが、肘を動かすと痛みのため泣き出します。今回の患者さんは泣いたりはしてませんでしたが。


肘には橈骨(とうこつ)を固定している輪状靭帯(りんじょうじんたい)があります。肘内障とは、輪状靭帯から橈骨が抜け、脱臼する疾患です。幼児の場合は、輪状靭帯がゆるいため容易に脱臼します。治療は、簡単な整復によってすぐ治すことができ、痛みを残すことなく肘をよく動かせるようになります。


今回も特に痛がることもなく整復もでき、元気に手を振って帰ってくれました♪


複雑骨折や出血を伴う外傷でなければ、骨折や脱臼の応急処置や整復は接骨院でも対処できることが多いです。病院が休診で応急処置が必要な時に接骨院もご活用くださいね。


今日の格言
『人生における無上の幸福は、自分が愛されているという確信である。』

ユーゴー

投稿者 名倉堂接骨院 | 記事URL

2011年10月 9日 日曜日

11月の休診日 尼崎市武庫之荘 名倉堂接骨院

11月の休診日をupしました。ご確認ください。


今日の格言
『私達は踏みなれた生活の軌道から放り出されると、もうダメだ、と思います。しかし、実際はそこに、ようやく新しい良いものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。』

トルストイ 

投稿者 名倉堂接骨院 | 記事URL

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31