当院の強みはこちら
低体温とは?

院長ブログ

2016年10月19日 水曜日

幼児の脱臼(肘内障)|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

尼崎市南武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱

お子様が肘内障のお怪我をされたら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。

土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。














本日の午後診療開始直後に3歳の男の子が肘を脱臼したとお祖母さんとご来院されました。受傷機序をお伺いすると、車道に飛び出そうとした際、咄嗟に腕を引いたとのことでした。既往歴はなく、患側上肢を下垂したまま自動運動できず、年齢・受傷機序等から肘内障と判断して徒手整復を施しました。

肘内障とは、2~4歳くらいまでの子供に多く起こる肘関節の亜脱臼です。子供の頃は、肘関節の橈骨輪状靱帯が柔らかいため、腕を強く引っ張ったりすると亜脱臼を起こしやすいからです。整復処置は比較的簡易で、肘関節を曲げられ、バイバイと手を振るような動作(前腕の回内・回外運動)ができるようになれば問題ありません。


尼崎,西宮,伊丹,宝塚でお子様が肘内障のお怪我をされた際は、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご連絡ください!


今日の格言
『継続は力なり』




投稿者 名倉堂接骨院

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31